霧中


はて、いや、さて。
あまり進んでおりませんが、記録しておきましょうか。今回の写真は、砂壁を4枚分ほど剥がし、分別した後、もっと進み具合がスカッと分かることがしたい、という切実な思いから、奥の押し入れ状の部分、その他を壊してみた、時の写真です長い。


少しスペースが見えてきた分、手を止める回数が増えました。ここはどうしよう、ああしたらどうか、なんてね、考え耽ったり。全部壊してから考えるなんてね、机上の空論。無理無理。「空間の妄想特急」の二つ名を持つ私ですからね。ま、ま、そこからいいアイデアが生まれるかもしれませんしね、いや既に生まれてますがな。ガフフフ。


しかしね、しんどいしんどいなんてあんまり言いたかないですけどね、砂壁の分別極しんどい。言ったわ。表面の壁材は簡単に剥がれます。ラスボード(薄くて穴が開いてる石膏ボード)からモルタルを剥がすのがとにかくアレです。ペロって剥がれる時もあるんですが。剥がれない場所もあるんです。そうすると何倍も時間がかかるんです。もはや粉々です。剥がれたっ、と思ったらラスボード諸共ボロっと割れてたりね。

産業廃棄物ってのは、ほんとイヤですね。家一軒建て直すたびに分別不能で埋め立てられる産業廃棄物が沢山あるんだろうなぁ、なんて考えたり。できるだけ石膏ボード使いたくないなぁ、とか考えたり。でも安いから使うんだろうね。あーあ、とかね。こんな、二度とするか分からない作業ですが、いずれ最後の一枚になりますよね。その時、最後の最後は寂しかったりするのかしら、なんてね、なんて考えたりね。嫌な職場だったけど辞めると思えばちょっと寂しい、みたいなね。人間関係で苦労したけど事務の◯◯ちゃんだけはいい子だったな、とかね。とかね。考えながらやってますが。うーむ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする